自ら起こすべき行動 | 希望の仕事を探すなら求人サイトを活用しよう!

求人サイトを最大限活用するための情報サイト

良い求人は歩いてこない

登録情報は重要な自己アピール

求人サイトでは、居住地や年齢、経歴、資格、趣味特技、自己PR文など、個人情報やその他登録情報の入力が推奨される場合がほとんどです。

良い求人に巡り合うためには、この情報は、なるべく多く書くことが重要です。
というのも、この登録情報は、企業の採用担当者にとってスカウト活動を行う際の大切な情報源の一つだからです。
また、求人サイトの運営主体も、求職者の登録情報から推測される望ましい求人をお勧めしてきます。

サイトに個人情報を書き込むというのはすこし不気味に思う人もいるかもしれません。
ですが、信頼できる求人サイトに対しては、なるべく多くの情報を提供することが良い求人に出会うまでの近道であるということは確かなのです。

メールは大きな情報源

求人サイトに登録すると、サイトの運営主体や企業から頻繁にメールが送られてきます。
このメールは無視されがちですが、じつは読む価値のある情報が入っているのです。

企業からのメールの場合、求人サイトのページには載っていないような情報がメールに載っていることがあります。
たとえば、煩雑なためにページには書けない、くわしい勤務形態についての情報などがメールには記載されていることがあります。
また、ページには求人広告のひな型にのっとった無難な情報しか記載されていないけれど、メールの本文で社風が少しわかるといったこともあります。

求人サイトの運営スタッフからのメールでは、お得な求人やおすすめな求人が紹介されています。
すぐに枠がなくなってしまう人気求人に関しては、とくにメールで素早く情報を仕入れることが重要です。


この記事をシェアする